• Home
  • Brand
  • 最初の眺め:フォードの2020年のムスタング風のEVクロスオーバー
http://moderno24.com/wp-content/uploads/2018/09/ford-2020-960x600_c.jpg

最初の眺め:フォードの2020年のムスタング風のEVクロスオーバー


デトロイト – フォード・モーターは、車の裏側のスケッチを通じて、今後のムスタングの影響を受けたバッテリーと電気のクロスオーバーを最初に見てきました。

ford-2020

最高経営責任者(CEO)のジム・ハケット(Jim Hackett)を抱えるデザインスタジオの中で、フォーブスと最初に共有したティーザー画像には、ムスタングの3つの棒のテールランプが付いた暗いシルエットが特徴です。屋根は標準のポニーカーより高いです。

フォードは、300マイル以上の距離を持つ車は2020年に出るだろう、と述べた。車の詳細は疎であった。フォードはもともと「マッハ1」という名前を浮かべていたが、Automotive Newsは先月、自動車メーカーがそのモニカに固執する可能性は低いと報じた。

生産はもともとミシガン州フラットロックで予定されていましたが、今年はフォードがメキシコに車を建設することに決めました。

フォードのエジソングローバル製品開発ディレクター、ダレン・パーマー(Darren Palmer)は、フォーブスのストーリーが公開された後の木曜日、ブログ記事で「ステークスは高い」と語った。 「私たちは将来の軌道を描くことを任されており、チームエジソンはその挑戦に応えています」

チームエジソンはフォードの電気自動車の開発を担当するグループに与えられた名前です。

フォードの製品と購入上司であるHau Thai-Tangは、今年の初めに、中国への団体旅行の後、デザインチームがクロスオーバーに遅れをとったことを明らかにした。顧客は大きなサイズが気に入ったことに気付いた後、インフォテイメントディスプレイ画面を拡大することにした他の車両。

フォードの次世代型インフォテインメントシステムもデビューします。

フォード氏は、今年初め、トーマス・エジソンのニュージャージー研究所の所在地を経て、チーム・メンロと名付けられた次世代システムを開発するための団体を創設したと発表した。

Forbesによると、HackettがオリジナルのEVコンセプトのリドゥを注文してから6週間後、FordはMustangのデザインを開発しました。

Source: http://www.autonews.com/article/20180906/OEM04/180909859/2020-ford-mustang-crossover

 

modernoc

Other posts by

Menu